Dr.美穂のセラピールーム
トップページ自己紹介メタメディスンメタカイネティックスEFTその他セラピー自己発見ツール イベント 連絡先

その他セラピー    other therapies

<レイキ(西洋レイキと直傳靈氣)>  Reiki

レイキ・靈氣は日本発祥の代替療法で、1922年に臼井甕男氏によって始められました。
施術者は宇宙エネルギー(universal energy, 靈氣)を自分の身体に通し、多くは掌を介してクライアントに
エネルギーを与えることでヒーリングを行います。
第二次世界大戦後は廃れていましたが、海外で広まったものが80年代に日本に逆輸入され、これが「西洋レイキ」
と呼ばれています。
一方、「直傳靈氣」は日本国内のみで伝授されていたものが、90年代になって再発見された系統です。

両者はマントラやシンボルの扱い、使用方法が異なりますが、私の感覚ではエネルギーの質は同じです。


 <スピリチュアルヒーリング>  Spiritual Healing

施術者がエネルギーを身体に通し、掌を介してクライアントにエネルギーを与えるという点では、レイキと類似
しています。
ただスピリチュアルヒーリングの場合、セラピストは頭頂部から宇宙エネルギー(universal energy)を、足裏から
地球エネルギー(earth energy)を自分の身体に流し込み、そこに自分の愛のエネルギー(heart energy)を加えて
クライアントに照射します。
レイキのようにマントラ・シンボルを用いることはありません。


レイキとスピリチュアルヒーリングのエネルギー的相違(私見)

 あくまで私の感覚ですが、レイキ(西洋レイキ、直傳靈氣)を行った場合、非常にパワフルで
男性的、生命力に溢れた力強いエネルギーが流れます。疲労、身体が重い、痛みがある、と
いった身体的な問題改善に対して有効な印象です。

  一方でスピリチュアルヒーリングでは、柔らかくて繊細な女性的エネルギーを扱います。
力強い波動を送るのではなく、ゆっくりと優しくクライアントを満たしていくような感覚です。
こちらは肉体的な事柄より、精神的ストレス・感情的な問題を扱うのに適していると思います。


<フィンドホーンフラワーエッセンス> Findhorn Flower Essences

スコットランドにある世界的に有名なスピリチュアルコミュニティ、フィンドホーン在住のマリオン・リー氏に
よって作られたエッセンスで、個々に異なる花のエネルギーが人間の心と身体に優しく働きかけます。
肉体的な効果としては、エネルギーバランスを整えたり、バイタリティ・活力を増加させます。
また心が感情的な負のパターンから抜け出すのを助け、内面的な平和と精神的成長に向かう後押しをするのに
非常に優れた効果を発揮します。